Home>運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメント

わが社の『運輸安全マネジメント』の取組み

2022年1月1日〜2022年12月31日

輸送の安全に関する基本な方針

安全衛生を保ち続けることは企業が成り立っていくための中心であり、企業の社会的な務めです。
人間を大切にする経営のあり方にもとづいて、以下を定めて実施します。

  • 常に安全第一で行動します
  • 「基本」と「ルール」をきちんと理解し、しっかり守ります
  • 安全の法令には最優先で従います

社内への周知方法

  • 安全方針を社内に掲示する
  • 安全方針を全従業員に配付し、車両内にも常備する

安全方針に基づく目標(2022年1月〜12月)

「重大事故ゼロ・件数は前年よりも減」

目標達成のための計画(2022年1月〜12月)

  • 危険予知訓練を実施する
  • ドライブレコーダーの活用で安全運転指導を充実させる

わが社における安全に関する情報交換方法等

  • ヒヤリ・ハット報告の収集とフィードバック
  • 毎月の職場安全会議において意見交換を行う

わが社の安全に関する2021年度の反省事項

  • 危険予知訓練を実施したが、運転者の安全意識向上が図れなかった
  • ドライブレコーダーの活用が不十分だった

反省事項に対する2022年度の改善方法

  • 乗務前点呼時に危険予知訓練を実施し、帰社時にその実行を確認する
  • ヒヤリ・ハット、事故時等のドライブレコーダー映像を解析して指導に生かす

わが社の安全に関する2021年度の目標達成状況

目標   「前年件数より減少」

結果   4件、前年より 2件減少(目標達成)

わが社の2021年度における自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する情報

発生件数     2件

事故の内訳   車両故障 2件

運輸安全マネジメント